カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ



今日、天候不順、作り手不足等の為に、国産の原料のみでは製品の供給が困難になっております。その為、外国産の原料も使っておりますが、残留農薬検査、食味の検査等を行い全て青森の当社工場で製造しております。これからも心をこめて、安全、安心な製品を作ってまいりますので、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

手作りの為、生産量に限りがありますので、申し訳ございませんがご理解の程申し上げ



 

HOME > 弘前津軽に伝わる杏と梅の歴史

【弘前津軽に伝わる杏と梅の歴史】

今から450年ほど前、(有)いしたのあります旧岩木町、この辺りは大浦村と呼ばれていました。 その頃、四代津軽藩主の津軽信正というお殿様が、大浦村(旧岩木町)に梅・杏・栗・柿などの、「実のなる木」を植えました。 以来、津軽では梅や杏の塩漬けをしそで巻くという食文化があり、受け継がれてきました。
杏の形が梅とよく似ていて梅より甘みがあるので、津軽の人々は「あんず梅(め)」と呼び、梅と同じ扱いをしました。 津軽では梅の事を「め」または「めっこ」と言われてきました。
戦後になり、津軽平野の主力産品はアンズからリンゴに変わり、代わって南部地方でアンズが多く生産されるようになりました。 その後、昭和中頃より食品表示の制度により梅とアンズの分類をしなければならず、 当社でも梅とアンズを分けて扱うようになりました。 「あんず梅(め)」というのは津軽独特の食文化なのかもしれません。


▼全国どこでも送料込み!まずはお試しから始めてみませんか?

送料込みでお得なお試しセット!

商品一覧

該当商品はありません

ページトップへ